メニュー

低用量ピルのファボワール自主回収について

低用量ピルのファボワールがメーカーからの自主回収によって当分の間処方できなくなります。
代わりになるものとしては、価格は上がるが同成分のマーベロン、同価格だが成分の異なるラベルフィーユがあります。
現在ファボワールを内服している方は、長期保存(2年以上)時の問題だけなので、そのまま継続して大丈夫です。
次回以降どうするかご検討ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME