メニュー

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の診断・治療

筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、1974年に特定疾患に認定された指定難病です。

初期症状としては、手や指先のしびれ、感覚麻痺、歩行時の足のつっぱり感、足首が曲げにくくなった、しゃべりにくい、飲み込みにくい、口から食べ物がこぼれる等があげられます。

治療

根治を期待できる治療法は現在確立されていませんが、投薬により、進行を遅らせることができます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME