メニュー

卵管鏡下卵管形成術(FTカテーテル法)について

卵管鏡下卵管形成術(FTカテーテル法)について

この治療(手術)は片側または両側の卵管が閉塞している方に行います。両側が閉塞している場合、体外受精を行うことが選択肢のもう一方にありますが、卵管を開通させて自然妊娠を望みたい、という方にはおすすめの治療法です。開通後1年以内の妊娠率は30%前後と言われており、体外受精の妊娠率にも匹敵します。

しかし、開通しても機能しないクラミジアによるダメージを受けた卵管なども存在するため、子宮外(卵管)妊娠となってしまうこともあります。ですので、治療の御希望には慎重な検討も必要です。

高額療養費制度が適用になります。卵管鏡下卵管形成術の際の高額療養費負担の免除額が月収によって違っており、月収53万円以上の方だと17万円くらい、53万未満だと8万5千円くらい、低所得の方の場合3万5千円くらいが自己負担額となります。今まで一律に3万5千円くらいの自己負担で出来るような誤解を招く表現となっていたこと、深くお詫び申し上げます。

-方法-

picture1picture2

麻酔をしたのち子宮口から卵管に入れるカテーテルを挿入して行き、子宮内で卵管の入り口を探します。そこで詰まっている部位まで細いバルーンという風船(青い管の先から出てきている緑色の部分:写真1)を入れて行きます。

そして、狭い部分は風船をふくらませて拡張します。これはPTCAと言われる、狭心症や心筋梗塞の治療で心臓血管をバルーンで拡張するのと同じ原理です。そして、開通したのちにあとから開通した部分の卵管内を0.3mmの卵管鏡という細い内視鏡(写真2)でのぞくのです。この時、癒着がひどかったために卵管内のダメージが大きそうだ、などの情報が得られます。

ですので、卵管鏡という言葉だけとらえるとカメラでのぞくことが中心のように思われがちですが、バルーン拡張してつまりを取ることが治療のメインの部分であって、カメラで診るのはあくまで付随的な行為なのです。(カメラで拡張しようとすればすぐに折れてしまいます!!)

なお、当院では、開通後の卵管内を卵管鏡で診るだけでなく、手術室ですぐに卵管造影が行えるメリットを利用して、すぐにその場で卵管造影による開通の確認も同時に行っております。

卵管性不妊の方で、すぐの体外受精には抵抗感がある、という方は検討されても良い治療法ではないかと思います。

卵管鏡下卵管形成術の詳細はこちら

 

卵管鏡下卵管形成術の実施実績
平成22年 4件
平成23年 13件
平成24年 12件
平成25年 10件
平成26年 24件
平成27年 13件

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME